ドアロックの開閉だけを行えるもの、スライドドアを開閉できるもの、エンジンをボタンで始動できるものと、車種やグレードによって機能や形状は様々ありますが、その動力にはほとんど小さなボタン電池が使われています。

 

 

 

そして、リモコンの形状は違えど、電池交換のやり方は同様のものが多いので、手順を参考にしてみてください。

 

それではこのボタン電池を交換する手順について見ていきましょう。

 

 

用意するもの
・マイナスドライバーまたはコイン
・新品の電池

 

 

 

1.電池ボックスを開ける

 

2.電池を新品に交換する

 

3.電池ボックスを閉じて元に戻す。

 

一つずつ画像で解説していきますね。

 

 

電池ボックスを開ける

 

車 キー 電池交換,車 鍵 電池交換

 

1つ目はホンダ車の、ボタンでドアロックを開閉できるものです。電池はキーとセットになっているリモコン部に入っています。

 

 

 

 

 

車 キー 電池交換,車 鍵 電池交換

 

このリモコン部のどこかに5mm〜1cmほどのくぼみを見つけることができれば、自分で電池交換ができそうです。

 

このリモコンの場合は、後ろの真ん中部分にありました。

 

 

 

 

 

車 キー 電池交換,車 鍵 電池交換

 

ここにコインやマイナスドライバーを差し込み、くるっとひねると意外と簡単に開けられます。

 

このとき、ケースに傷が付くことが心配な場合は、ドライバーの先に布などをあてておくと良いでしょう。

 

※異様に固くて開かない場合、無理にこじると破損の恐れがありますので注意してください。

 

また、車種によっては小さなネジ式のもの、ふたをスライドさせて開けるもの、ツメでパチッと閉じてあるものなどがありますので、開け方が不明な場合は車の取扱説明書で確認してください。