いや、得意という言い方は適切ではありません。それは前提です。これまでそのノウハウや実装をクライアントに提供することで対価を得てきて、これからもそうしようとするのですから、自分のためにそれができなければ全部嘘でしょう。報酬をもらってウェブの制作をする者ならできて当然、すべての前提となるスキルです。

 

まず「予想」とは、過去の記憶や歴史、数字など客観的な事実に基づいて未来の可能性を現実的に判断することです。たとえば、カロリー制限でダイエットに成功したという過去の事実、さらにはカロリー制限で痩せた人たちの体験談などから、どれだけ食事量を制限すればどれくらいの期間で体重が減るのかを想定した状態のことです。

 

しっかりと「予想」をした上で「私はカロリー制限をしてヶ月でキロ痩せるだろう」という現実的な判断に基づいた成功イメージを持つことが、正しいポジティブシンキングです。次に「空想」とは、根拠がないまま希望する未来を描いている状態です。

 

たとえば「きっと1年後にはスーパーモデルみたいに痩せている」という勝手なイメージを持っていることを指します。これでは最初にお伝えしたとおり、「ダイエット成功の幻想」という誤ったポジティブシンキングのせいで脳が幻想と現実を混同してしまい、やる気が削がれてしまうのです。

 

決意するまで時間はかかってしまったたものの、しかしいざ決意し、やってみれば、新規開拓はそう面倒なことでもありませんでした。幸いにも、僕はサイトを通じて潜在客や見込客を集め、それを転換することにかけては専門家です。集客と転換に関しては、僕はこれまで多くのサイトに関わり結果を出してきたことであり、まさに得意中の得意です。